インプラント特設サイト

インプラントとは

インプラントとは、一般的に体内に埋め込まれる機器の総称を言いますが、ここでは歯科(デンタル)インプラントの説明をさせて頂きます。
虫歯や歯周病、外傷など様々な原因で歯を失った場合に、人工歯根(主にチタン製)を骨に埋め込みその上に人工の歯を被せた物を「インプラント」言います。 咬み心地はほぼ自分の歯と同じです。
歯には、毎日とても大きな力が加えられています。
食事のとき、運動をする時など、日常生活の中で歯は身体を安定させ、維持するためにたくさんの役割を果たしているのです。
様々な 原因で歯を失ってしまった場合、インプラント治療が確立する最近まで、それらの大きな力を支える代替は、残っている他の歯に頼るしか方法がありませんでした。
しかし、それだけの力を他の歯で補うのは、リスクも多く、最終的にはその他の歯も失うという結果になってしまう場合も考えられます。
インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療する方法ですので他の歯にダメージを与えることはほとんどありません。
そして、しっかりと固定された、硬いものも咬むことのできる歯を回復することができるのがインプラント治療です。

インプラントのメリットとデメリット

メリット
◆ 顎の骨に直接固定するので違和感無く噛めるようになります。
◆ 自分の健康な歯にダメージの少ない治療ができます。
◆ 天然の歯と同じような、見た目を回復できる場合が、多くあります。
◆ 歯を失った部分の骨や歯茎がやせにくくなります。

デメリット
◆ 外科手術が必要となります。
◆ 自費治療の為、治療費が高額となります。
◆ 定期的なメンテナンスが必要となります。
◆ 感染症や骨組織異常など治療が出来ない場合があります。

インプラントの治療期間は?

インプラント治療は、通常インプラント体を骨に埋入してから数ヶ月間の安静期間を必要とします。
この期間にインプラントは骨と結合(オッセオインテグレーション)し、強固な固定となります。またこの期間により自然になる様に歯肉も形成します。
このため、カウンセリングからの期間を含めると、半年~1年位の治療期間を必要とします。
しかし、「抜歯即時埋入」という 歯を抜いてすぐにインプラントを埋入する術式もあります。
この方法を用いると、インプラントの手術をしたその日に物を噛むことが出来ます。
もちろんメリット・デメリットが有るため、医師に相談し、状況に応じた適切な治療を行うことが必要です。

インプラント治療の流れ

 

インプラント症例

お問い合わせ

【電話】029-296-4182

クリニックカレンダー

2019年 9月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休診日